俺は寝る前の記憶なんてないと思って、何を言ってもいいと思っていた彼女